Rss

ネットで格安作成できるダイレクトメールのすすめ

新しいお店をオープンしたり、新サービスを始めるときに検討したい販促ツールがダイレクトメールです。新聞折り込み広告よりも届けたい人へ適格かつ高い確率で届き、ポスティングよりも情報量を盛り込め特別感をアピールできます。しかしダイレクトメール作りを個人でやろうとすると、なかなか手間がかかるもの。そこでおすすめしたいのがインターネットでのダイレクトメール作成サービスです。ネットを介しているから、配置スタッフや店舗へのコストがグッと抑えられる分、スピーディな上に安心できる価格でダイレクトメールが作成できます。サービス内容も、ダイレクトメールの内容作成のみというパッケージから、住所入力や発送までをも対応する至れり尽くせりのパッケージまで、予算と要望に合わせて対応が可能です。

ダイレクトメールが送られるまでの作業フロー

それでは、ダイレクトメールの発送までにどれくらいの作業が必要なのか見てみましょう。まず、発送主はダイレクトメールを送りたい受け手のリストを作成する必要があります。そこから、ダイレクトメールの必要数を割り出しましょう。その次に、どんなダイレクトメールにするのか。自分で既存のチラシなど内容物を用意する事も出来ますが、予算次第でハガキを利用することも検討してみてください。圧着ハガキであれば、官製はがきの最大4倍と意外と多くの情報量が盛り込めます。ダイレクトメールの作成についても依頼できるショップもあるので、検索してみてください。出来上がったダイレクトメールには宛名を付け、さらに配送業者へ持ち込みが必要です。枚数によっては大変な作業になり、配送業者へも大量に持ち込むには手続きが必要な場合がありますが、この作業をプロに任せるだけでもかなり楽で安心感がありますね。

ダイレクトメールの種類に関して

受け取ってほしい人に情報が届く確度が高いダイレクトメール。せっかくなら予算に見合った効果的なものを選び、より確度を高めたいですね。ダイレクトメールに大きく分けてはがきと封書があります。はがきの場合は、官製はがきサイズに加え、2倍の情報量が載せられるV型(2つ折り)と、3倍の情報量が載せられるZ型(3つ折り)、そして4倍の情報量が載せられるW型(4つ折り)があり、情報量と加工工程が増える程コストが高くなります。一方封書には、封書で個性を出したいときに便利なダイレクトメール割引サービス・広告郵便と、DVDや冊子も送れるゆうメールがあり、発送量が増える程割引率が高くなることもあります。ダイレクトメール作業で最も手間となる封入と宛先書き、区分けや発送については1通80円程度から依頼できます。さらにオプションでアンケートの実施・集計まで請け負う業者もあり、活用の幅が広がっています。