Rss

ダイレクトメールの作り方から発送までの流れを解説

お店などの広報手段として利用されるダイレクトメール。通常、普通のはがき、圧着はがき、封書など様々な形態がありますが、どんな形でどんな人をターゲットにしてダイレクトメールを発送すればよいのかなど、わからないことも多いのではないでしょうか。いずれにせよ広告費をかけて宣伝するのですから、より高い販促効果を狙いたいですよね。そんなときは専門の業者に相談してみましょう。役立つのは、ダイレクトメールの発送を代行してくれるネット通販会社です。データを入稿すれば、あとはお任せ。印刷、加工、宛名の印字、さらに発送の手配まで行ってくれます。データの作成前の企画の段階から依頼できる業者もあります。ダイレクトメールは手元に届いても、見てもらえなければ意味がありませんが、専門の業者であれば培ってきたノウハウがあるため、開封して中を見てもらえるダイレクトメールを作成することができます。

広告効果のあるダイレクトメールとは。

ダイレクトメールで販促活動を行う場合、気になるのはその広告効果です。せっかく発送するのですから効果的なダイレクトメールを作成したいですよね。同じハガキ大でも、デザインや紙質などでその効果は変わってきます。圧着ハガキを使用すれば、通常のハガキ大の3倍、Z折りの圧着ハガキであれば、ハガキ大の5倍のスペースを使用することができます。加工費や印刷費は異なりますが発送代金は当然同額ですから、より大きなスペースを使用して情報が掲載できるということはお得です。そのほか、A4サイズの厚紙のダイレクトメールはインパクトがありますし、封書は特別感や高級感を出すことができます。一部当たりの料金はそれぞれ異なりますので、予算と相談しながらどんな形のダイレクトメール作成を依頼するかを考えましょう。

ダイレクトメール発送代行業者を選ぶポイントは?

ダイレクトメールの発送代行業者は、たくさんあります。そのたくさんの業者の中から最適な業者を選ぶために、比較するポイントはいくつかあります。まず、重要なことは金額です。たいていホームページなどには、1部あたりの金額が表示されているので比較しやすいポイントです。また、個人情報対策をしっかりしているか、ということは今の時代は絶対条件になります。宛名印刷を依頼するということは、顧客の住所データを発送業者に託すわけですから、漏えいされてしまったら大変なことになります。過去、ニュースなどで取りざたされた例も多数ありますから、しっかりと対策されているかどうかを見極める必要があります。そのほか、他社との差別化を図るため、特長や強みを持っている業者が増えています。それぞれのホームページなどで何を大きく訴求しているかを調べて、強みを知ることも大切です。