Rss

ダイレクトメールの発送方法を解説します

インターネットであらゆることができるようになってきましたが、企業にとって、商品を知ってもらうためなどに用いられるダイレクトメールの作成や発送も、インターネットで手軽に手配できるようになりました。インターネットを覗いてみるとダイレクトメールの作成から発送までを担う代行サービスのサイトが数多く存在しています。こういったサイトを利用することは、企業にとっては業務の効率化にもなりますし、コスト削減にもなりますのでメリットが多いと言えます。中にはお客様情報などの個人情報の管理に不安を覚えることもあるかと思いますが、個人情報の取扱いについて、しっかり整備され、セキュリティも万全に備えているサイトを選べば安心です。個人情報の部分をクリアできれば、企業にとってはとても便利で有益なサービスになります。

ダイレクトメールの面倒な部分を一挙におまかせ!

ダイレクトメールの発送代行サービスでは様々な形で依頼ができます。封入するチラシなどは自社で用意し、宛名ラベルの作成と発送準備及び発送を依頼する場合や、チラシの作成や印刷もすべて依頼する場合、また、送付先の名簿をデータ化することから依頼するということもできます。時間のかかる作業などは特に、代行サービスに依頼できると効率的です。またダイレクトメールの種類も様々なものが用意されており、通常のはがきや圧着式のはがき、メール便など用意されていますので、送付したいものや情報によって使い分けることも可能です。また、代行サービスによっては、ダイレクトメールでアンケートを送付した場合に、返送されてきたアンケートを集計するなどのオプションサービスを設けている会社もありますので、活用の幅も広いです。

ダイレクトメールの発送にオプションもフル活用!

ダイレクトメールの?発送代行”を依頼するには、代行サービス会社に申し込みをし、見積もりを出してもらうことから始まります。その後、打ち合わせを重ね、どういった内容のダイレクトメールを何件送付したいのか、などの詳細を決定し、注文が確定します。発送先のデータなどをもとに宛名印刷や封入物の印刷を行い発送へ、というのが大まかな流れになります。料金は内容にもよりますが、1通当たり100円前後と格安で、発送件数が多いほど割安になっていきますので、特に顧客数の多い企業などには、業務の効率化、コスト削減の面で有効的です。ダイレクトメールを発送したところ、引っ越し済みで不達だった場合などのデータの整理も、オプションで依頼できる場合がありますので、こういったものを利用すれば、次回の発送時に無駄なダイレクトメールを発送しなくて済みます。企業にとってダイレクトメールの発送代行は活用の価値ありです。